SAP Graphチュートリアルシリーズ:インフォメーションマップ


はじめに

本ブログシリーズはSAP Graph Multi-Part Tutorial: Information Mapの日本語翻訳です。簡潔な翻訳のために、いくつかの細かいニュアンスは削ぎ落としています。最新の正しい情報は翻訳元やWhat’s New for SAP Graphをご参照ください。

Thanks Stephanie for your cool blogs and for allowing me to translate!

日本語訳

こんにちは!

SAP GraphはSAP BTPのIntegration Suiteに属する製品の一つで、unified(統一)でconsolidated(統合)なAPIを提供します。SAP GraphとそのBusiness Data Graphを使うことで、開発者はデータのありかを意識しないアプリケーション開発が可能です。

このチュートリアルシリーズは特にアプリケーション開発者に有益な情報を共有できるように用意されています。

%u672C%u30D6%u30ED%u30B0%u30B7%u30EA%u30FC%u30BA%u306E%u30A4%u30F3%u30D5%u30A9%u30E1%u30FC%u30B7%u30E7%u30F3%u30DE%u30C3%u30D7

本ブログシリーズのインフォメーションマップ

このチュートリアルシリーズは、SAP Graphを使ったビジネスアプリケーションの開発方法やそれを使ってどのようにSAP Intelligent Suiteを拡張するかという内容を紹介します。特に認証認可、マルチテナントなどを取り上げます。特別に必要な事前知識はありません。熟達したSAP Graph開発者になるための情報を幅広く本チュートリアルシリーズは提供します。

現在公開されているチュートリアル

公開予定のチュートリアル

新しいチュートリアルの公開情報を得る方法

  1. SAP Communityに登録します。登録方法はこちら(Getting Started)です。

  2. このブログ(もしくはオリジナルの英語版ブログ)をフォローします。
    blog0_image1

  3. ブックマークに登録します。登録したブックマークはご自身のSAP Communityプロフィールより確認可能です。 blog0_image2

  4. “SAP Graph”のタグをフォローします。

    1. Assigned Tagsの”SAP Graph”をクリックします。 blog0_image3-1

    2. “SAP Graph”をフォローします。 blog0_image4

終わりに

SAP Graphを用いて、よいSAP開発ライフを!