sittokyo 2022 にて CAI セッションで登壇しました

今年も SAP Inside Track Tokyo 2022 が開催されました。

SAP Inside Track は 昔から好きなイベントなので、毎年参加するのが楽しみです。

ここ数回は、コミュニティchillSAPとして、運営もやらせてもらっているので楽しさ倍増です。

そしてナビゲーターとしてはいくらでも楽しくお話しできるのですが、今回は SAP Conversational AI での登壇もさせていただき、やはりめちゃくちゃ緊張しました…!

もちろん、やってよかったです。感想などまとめておきます。

  • 1年ちょっと前に、CAIのチュートリアルをいくつかやっていました。→その時のブログ
  • 基本的なところはそのときと変わらないので、その辺の復習をしつつ、片っ端から他のCAIのチュートリアルをやりました。(チュートリアルへのリンクは資料にまとめています)
  • ノーコード開発の文脈でAPIを使ったチャットボットを作ってみたかったので、WebAPIについて基礎からわかりそうな記事を読んだりしました。
    WebAPIについての説明
  • 資料にもたくさん引用していますが、SAP TechEd の INT202のセッションに話がまとまっていたので参考にしました。事前定義チャットボットのデモも見れますので、おすすめです。
    INT202 Deploy an Operational Purchaser Chatbot for SAP S/4HANA Cloud 
  • SAP Conversational AI があると何がうれしいか
  • やってみたこと
  • 新機能でうれしいこと

資料はこちら

動画はこちら

その他のsitTokyoセッションの動画もこちらの再生リストから見れますのでぜひ!

オリジナルBotをつくるにあたり、APIと少し仲良くなれたのが今回の収穫です。

開発知識のないユーザでもチャットボットが作れるツールである、ということは証明できたなと思います。特に、FAQボットは本当に簡単に作れるのですぐに活用できそうです。

次はもっと業務に近づくために、ちゃんとS/4HANAのAPIで何かやってみようと思います。

しかし、やはり一から会話を作るのは大変なので、なんとかして事前定義チャットボットを使ってみたい…!という気持ちがあります。

今は「一つのテナントに同じIDのチャットボットをインポートできない」という制約があるそうで、制約そのものは解決される予定とのことでした。
コミュニティ版へインポートしてみたときのエラーも、そのようなメッセージだったので、もしかしたら、その制約がなくなったらコミュニティ版にもインポートできるようになるかも…と期待してしまっています。(それでもエンタープライズ版でしかできない可能性がありますが)

あとは、事前定義ボットそのものが増えることにも期待しています。無料でコミュニティからダウンロードできるの、素晴らしいですよね…!